10/13のラグビー日本の第四戦目はスコットランド!戦力分析&勝敗予想:2019WC

ラグビーワールドカップ2019の日本代表の対戦国

ラグビー日本の第四戦目はスコットランド!

スコットランドの戦力分析&勝敗予想をしています。

日本の対戦国スコットランドのWCでの戦績

世界ランク 7位
前回WC成績 準々決勝敗退
WC最高成績 4位

前回のWC2015ではボーナスポイントの差で日本を上回り、決勝トーナメント進出。

疑惑の判定でオーストラリアに敗れて準々決勝敗退。

その時の主力が多く残って、今大会に挑んでいます。

世界ランク7位で、オーストラリア(6位)から勝利をもぎ取るなど、実力派トップレベル。

プール選での敗退は過去に1度だけ。

スコットランド代表のラグビーの特徴

スペースを大胆に使う、展開するラグビー。

スピードと精緻なプレースキックが得意な司令塔のSOのフィンラッセル選手、瞬時に最適な判断をするSHのレイドロー選手のコンビが生み出す瞬発力がある。

10/13(日)の日本vsスコットランドの勝敗予想

過去3戦は全てスコットランドが勝っています。

日本との相性が良いスコットランド。日本との試合は出来がイイ。

崩れた試合になったときに、考えられた攻撃ができればチャンスがあります。

ラッセル選手など、主力選手への依存度が高く、層の薄さが弱点。

4戦目で戦うときに、どこまでお互いの戦力を維持できているかが鍵の1つ。

スコットランドの代表的な選手

フィン・ラッセル(SO/10/27歳/44Caps)

攻撃することにかけては天才的な司令官。スピードとキックが魅力。ハイリスクハイリターンのロングパスが得意。

日本戦では20得点している。

グレイグ・レイドロー(SH/9/34歳/73/Caps)

前主将。パスとプレースキックが魅力。成功率85%キックは驚異。

ゲームコントロールができる選手で、ラッセル選手とのコンビが怖い。

スチュアート・ホッグ(FB/15/27歳/69Caps)

世界トップクラスのFB。

スピーディーに展開するスコットランドを象徴する選手。キレのある走りが魅力。タックルを振り切る強さもある。

スチュアート・マキナリー(HO/2/29歳/29Caps)

今大会の主将。最前列でチームを引っ張る大黒柱。

スコットランドのヘッドコーチ

氏名:グレガー・タウンゼント
国籍:スコットランド
就任:2017/5~
生年月日:1973/4/26

日本とスコットランドのスタメン予想

両国のFWのスタメン予想

背番号 ポジション スコットランド(控え) 日本
1 PR アラン・デル(ゴードン・リード) 稲垣啓太
2 HO スチュアート・マキナリー(フレイザー・ブラウン) 堀江翔太
3 PR ウィレム・ネル(サイモン・バーグハン) ヴァルアサエリ愛
4 LO ジョニー・グレイ(ベン・トゥーリス) ヴィンピー・ファンデルヴァルト
5 LO グランド・ギルクリスト(スコット・カミングス) ジェームス・ムーア
6 FL ライアン・ウィルソン(ジョン・バークレー) リーチマイケル
7 FL ハーミッシュ・ワトソン(ジェイミー・リッチー) ピーター・ラブスカフニ
8 No.8 ブレイド・トムソン 姫野和樹

両国のBKのスタメン予想

背番号 ポジション スコットランド(控え) 日本
9 SH グレイグ・レイドロー(アリ・プライス) 流大
10 SO フィン・ラッセル(アダム・ヘイスティング) 田村優
11 WTB ショーン・マイトランド(ブレア・キングホーン) レメキロマノラヴァ
12 CTB サム・ジョンソン(ピート・ホーン) 中村亮土
13 CTB ダンカン・テイラー(クリス・ハリス) ラファエレティモシー
14 WTB トミー・シーモア(ダーシー・グラハム) 松島幸太朗
15 FB スチュアート・ホッグ ウィリアム・トゥポウ

スコットランドのWCの日程(プールA)

日程 対戦国 会場
9/22(日)16:45~ vs アイルラン 横浜国際総合競技場
9/30(月)19:15~ vs サモア 神戸市御崎公園球技場
10/3(木)19:15~ vs ロシア 小笠山総合運動公園エコパスタジアム(静岡)
10/12(土)19:45~ vs 日本 横浜国際総合競技

スコットランドVS日本の戦いを見逃してしまいそうな人はこちらをご覧ください。

昨日のラグビーWC、日本の四戦目vsスコットランド戦を見逃した!
10/13のラグビーWC2019!日本の四戦目vsスコットランド戦を見逃したあなたへ。 スカパーのJスポーツで見れますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました