日焼け止めの選び方やランキングを利用してベストな日焼け止めを使おう

MENU

「日傘」はUVカットだけではなく、体感温度を下げてくれる優れもの。

日傘のUVカット効果(日焼け止め効果)

日傘といえば、レースやフリルのついた、日常使いにするには可愛い過ぎるイメージがあると思います。それを「普通」と考えると大袈裟な感じがして、なかなか使う気が起きない方もいるかもしれません。

しかし実際、都心のオフィス街では、OLの方々が、折りたたみ式の雨傘と変わらないシンプルな日傘を差しているのをよく見かけます。

客先へ出向く機会の多い仕事の人は、バッグに折りたたみの日傘を入れている人が多いです。

雨が心配な日に、折りたたみの雨傘をバッグに入れて出かける人は多いですよね?それと同じです。

 

実は、雨傘でもUVカットできる!?

紫外線カットの面からだけ見ると、実は普通のポリエステル製の雨傘でも、充分な効果があります。これは、雨傘の撥水加工の成分に、紫外線をカットする成分も含まれているからです。

白っぽい傘では80%、黒っぽい傘では90%くらいの紫外線をカットできると言われています。しかし、日傘には、雨傘にはない、UVカット以上に大切な役割があります。これは、次にご説明しますね。

上からの紫外線をカットしようと思えば帽子もありますが、帽子は蒸れたり髪型が崩れる上、折りたたんでバッグにしまえないので、仕事用には不便です。

日傘は陰を作るので、陰に入る部分、髪や腕など上半身はだいたいカバーできるので、他のアイテムを併用する必要もありません。陰に入らない部分は、日焼け止めと併用します。

また、肌が弱く顔に日焼け止めを塗りたくない人にとっても、日傘はありがたいアイテムです。


※「最安のアイテムはどれかな~?」と思い、調べたところ、1000円~日傘を販売していました。こちらはプレゼント付で1000円です。⇒晴雨兼用x折り畳みx紫外線カットx遮熱の日傘(TOY STEP楽天店)
※楽天のページへ移動します。

 

日傘のもう1つの大きなメリット~体感温度を下げる~

日傘

日傘は紫外線を防ぐだけではなく、もう一つ大きなメリットがあります。それは、赤外線や可視光線をカットし、体感温度を下げる効果です。

真夏の炎天下に、日差しを除けるグッズを利用しないで外に出るのは、非常に気が滅入ります。

しっかりした日傘であれば、体感温度が5度は下がると言われているので、ぜひ利用したいです。

遮熱効果をより期待する場合は、紫外線カット率ではなく「遮光率」をチェックします。カーテンなどに利用されている「遮光1級」以上、あるいは「完全遮光」と書かれている製品です。

生地は厚い方が遮光率が高く、普通のポリエステルの傘では陽を通すので充分ではありません。遮光率が高いものは紫外線も同様にカットするので、紫外線から肌を守りながら、少しでも快適に真夏のお出かけをしたいなら、しっかりした日傘を1本用意した方がいいでしょう。

 

あなたにおすすめの日傘は?効果の高い日傘を選ぶ際の注意点

遮光率99.99%以上、完全遮光の傘であれば、色はあまり関係ありません。が、理想的なのは、上からの日差しを反射し、下からの照り返しを吸収する色使いのものがいいです。

具体的には、表面が白や銀色、内側は黒のものです。内側が白っぽいと、照り返しの紫外線を乱反射して、顔などに当たってしまう可能性があるからです。

雨傘兼用の場合は、表も裏も黒の傘を選んでおけば、だいたいカバーできます。ただし、普通は薄いポリエステル製ですし、表面が黒だと赤外線や可視光線を吸収してしまうので、遮熱効果はあまり期待できません。

日常使いにするためには、持ち運びがしやすいコンパクトなもの、折りたたみがしやすく工夫されたものを選ぶと、傘を持ち歩いたり、差したりしまったりするのが億劫になりません。

最近は、シンプルで高機能ながらも少しだけ日傘っぽくレースがついたもの、厚手でも軽量化されたものなど、いろいろなデザインや素材のものがありますので、自分の好みに合ったものを探してみると良いでしょう。

UV加工の傘でどうしても気に入ったデザインが見つからない場合は、紫外線カットだけなら、こちらのUVスプレーで対処することができますので、利用しましょう。

一般的に、どのタイプの日傘でも、長く使うと色あせが起きたり、表面のUV加工や撥水加工がはがれて効果が弱くなってきますので、2~3年に1度は買い換えるか、UVスプレーや撥水スプレーで効果を上塗りするとよいですよ。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 日焼け止めGO!GO!日焼け止め All Rights Reserved.