日焼け止めの選び方やランキングを利用してベストな日焼け止めを使おう

MENU

”食べる日焼け止め”といわれる『魚』の日焼け予防効果

魚を食べて日焼け予防

鮮魚

魚を普段から食べている人は多いのではないでしょうか。

でもその魚が日焼け止めの効果を持っているとしたら…魚に対する考え方も変わってくるかもしれません。

カルシウムの吸収を良くするビタミンDは鮭やサンマ、ヒラメなどに含まれています。これらを食べることにより、肌を守ることが可能になるのです。

オメガ3脂肪酸を含んだ魚を摂取することも、日焼け対策に効果があると言われています。ではこれはどのようなものなのでしょうか。これは、不飽和脂肪酸の分類の一つです。

 

貝類や脂肪分の多い魚を食べましょう

貝類脂肪分の多い魚に含まれているオメガ3脂肪酸には、原子レベルで肌を破壊してしまい、シワや日焼けの原因になる活性酸素から、肌を守ってくれる効果があることが証明されています。

それなら出来るだけ魚を食べるようにしよう!と思った人も多いのではないでしょうか。塗る日焼け止めに加えて、魚を食べることはとても紫外線対策、そして日焼けによるダメージ防止に役立ちそうです。

これなら肌が弱い人でも、内側からの紫外線対策をすることが可能になります。ぜひ摂取するようにしてほしいですね。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

 

 

PAGETOP
Copyright © 日焼け止めGO!GO!日焼け止め All Rights Reserved.