日焼け止めの選び方やランキングを利用してベストな日焼け止めを使おう!

MENU

オーガニック・自然派の日焼け止め

「オーガニック」と「自然派」、何が違うの?

オーガニックイメージ

これは日焼け止めに限らずコスメ全体に言えることですが、「オーガニック」「自然派」と名前についた製品は、何が違うのでしょうか。

どちらも「肌に優しい」「ケミカルじゃない」といった同じイメージがあり、同義語のように思いがちですが、厳密にいうと「オーガニック」と「自然派」は別物なんです。

では、何が違うのでしょうか?

・オーガニックの一般的な定義

無農薬・有機栽培の植物で作られたもの

・自然派の一般的な定義

天然の植物成分や動物成分、鉱物成分などが配合されたもの



ご覧のように、自然派の方が、さまざまな成分を含んでいることになりますね。

アレルギーは、化学成分だけで起こるわけではありません。人によっては、天然の成分であってもアレルギーを起こすことがあります。成分の数だけ考えれば、自然派の方が肌に合わない可能性は高くなります。

しかし、何がアレルギーの元になるかは人によってまったく違いますから、自分が何に対してアレルギーを起こすか知っていれば、気にすることはありません。

また日本では基準があいまいなので、該当する成分を少しでも含んだ製品は、勝手に「オーガニック」「自然派」と名乗ることができます。化学成分がゼロではない、ということも、頭に入れておいてください。

 

「オーガニックの日焼け止め」と「自然派の日焼け止め」の特徴

オーガニックオイル

基本的にはノンケミカル、あるいは、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めと同じです。

製品の中に「オーガニック」の成分が含まれていれば「オーガニック」、「自然派」の成分が含まれていれば「自然派」と名前が付いていることが多いです。

紫外線吸収剤を使わない日焼け止めは、天然の鉱物を原料とした紫外線散乱剤を使い、紫外線を肌表面で拡散させる方法でUVカットを実現しています。

紫外線散乱剤を使った日焼け止めは、白浮きしやすい、伸びが悪い、乾燥しやすいなどの特徴がありましたが、現在はどの製品も改善されていて、ほとんど気にする必要はなくなっています。

改善のために、植物性のオイルや植物由来のヒアルロン酸などを使っている製品に、オーガニックや自然派と名前が付いているものが多いようです。

 

「オーガニックの日焼け止め」と「自然派の日焼け止め」を選ぶポイント

オリーブの木

前述したように「オーガニック」「自然派」の日焼け止めは、化学成分がゼロというわけではありません。

保存料や香料、着色料に人工的な化学成分が含まれている可能性は高いです。

また、自然成分だからアレルギーは起きない、という思い込みも間違いです。自然成分でもアレルギーを起こす人はいます。

まずは自分が、何に対してアレルギーを起こすかよく知ること、そして、日焼け止めを選ぶ際には、製品に含まれている成分をよく調べることが大切です。

それから、日本にはありませんが、海外にはオーガニック製品の認証機関があり、厳しい認定基準があります。アメリカ・ハワイ・ドイツ・フランスなどのオーガニック認証機関の認証を受けている「オーガニック」の日焼け止めは、より正しいオーガニック製品で安全、と言っていいでしょう。

日本国内のブランドの場合は、契約農家や自社農園で、無農薬栽培された植物を使用していることがわかるものを選ぶとよいです。

オススメのコスメ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

オススメのコスメ

PAGETOP
Copyright © 日焼け止め All Rights Reserved.
error: Content is protected !!