日焼け止めの選び方やランキングを利用してベストな日焼け止めを使おう

MENU

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを選ぶために知っておきたいポイント

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めとは?

日焼け止めとして最初に普及した日焼け止めは、「紫外線吸収剤を使用したもの」です。現在も多くの製品に使われています。

紫外線吸収剤 が紫外線をカットする仕組みは、吸収剤が紫外線を吸収し、肌表面で化学変化を起こして気化熱などに変えてエネルギーを逃がし、紫外線が肌に浸透しないようにするというものです。

しかし、紫外線吸収剤は化学物質でできており、また、肌表面で化学変化を起こすので、アレルギーが問題視されるようになってきました。そのため最近は、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めが注目されています。

紫外線カットの仕組み


紫外線吸収剤不使用の日焼け止めでは、「紫外線散乱剤」が紫外線を紫外線をカットする役割を担っています。

紫外線散乱剤 の紫外線カットの仕組みは、紫外線吸収剤とはまったく違い、肌表面で紫外線を反射・拡散させて、肌への浸透を防ぐというものです。

化学物質ではなく、天然成分(酸化チタンや酸化亜鉛などの「ミネラル成分」)でできており、肌表面で化学変化を起こさない ので、肌への負担がより少ないと言われています。敏感肌の人には、より安心ですね。

画像出典:花王株式会社

 

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めのメリット・デメリット

・メリット

 ・ 肌の表面で化学反応が起きないので、肌への負担が少ない
 ・ 強いクレンジングを使わなくても、石鹸だけで落とせる製品が多い
 ・ よって、アフターケアも肌負担が少ない
 ・ 敏感肌の人向き

・デメリット

 ・ 「紫外線散乱剤」の粒子の影響で、白浮きした感じになる
 ・ 同じ理由で、肌なじみが悪い、伸びがよくない
 ・ 粒子が肌の水分や皮脂を吸着してしまうため、乾燥しやすい
 ・ 落ちやすいので、UVカット効果は表示SPF値よりも短時間

しかしこれらのデメリットは、既にひと昔前の話です。現在は、各製品が改善に取り組んでいて、ほとんどが解消されています。

 

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めの使い方、選ぶ際の注意点

鏡で肌チェックする女性

使い方は、クリームタイプ、ローションタイプなどと同じです。

化粧下地を兼ねるものや、美容液を配合したものもあるので、毎日のメイクステップを減らしたい人は、そういった製品を選ぶといいでしょう。

しかし、まだまだ改善の途中です。デメリットがどこまで改善されている製品か、チェックする必要があります。

使用感も、テスターなどで確かめてから購入する方がよいですね。

それからこれは、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めに限らず言えることですが、SPF値の高い日焼け止めは、その分、油分も多い傾向にあります。特に ニキビ肌の人 などは、SPF値の低いもの(油分の少ないもの)をこまめに塗り直す方が、肌にとっては良いでしょう。

落ちやすいことはデメリットでもあり、お肌にとってはメリットでもあるんですね。

また前述したように、「紫外線吸収剤不使用」といっても、他の添加物にも化学物質は含まれています。防腐剤・人工香料・人工着色料・石油系界面活性剤などは化学物質です。紫外線吸収剤不使用だからといって必ずしも「化学物質ゼロ」ではないことは、覚えておきましょう。

既に、添加物も「ノンケミカル」にこだわった日焼け止めが登場していますから、特に敏感肌の人は、使用成分についてよく調べてみましょう。

オススメのコスメ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

オススメのコスメ

 

 

PAGETOP
Copyright © 日焼け止めGO!GO!日焼け止め All Rights Reserved.