日焼け止めの選び方やランキングを利用してベストな日焼け止めを使おう

MENU

忘れがちだけど「髪の日焼け止め」も忘れずに!

髪や頭皮が日焼けするとどうなるの?

脅える女性

肌のように赤くなったりといったサインが出ないので忘れがちですが、実は髪も日焼けします。

ここでは、髪や頭皮が日焼けするとどういったことが起こるのか、ご説明していきましょう。

▼日焼けによる髪のダメージ

髪が紫外線の影響を受けると、髪のたんぱく質が変化を起こします。その変化で、髪を守る「キューティクル」がはがれてしまいます。

「キューティクル」がはがれると、髪の表面を守るものがなくなり、髪の水分が失われます。その結果、髪が乾燥してツヤがなくなったり、パサついたり、ゴワついたりします。

また、強度が弱まるので、枝毛や切れ毛の原因になったり、髪の色あせが起こります。

▼日焼けによる頭皮のダメージ

髪と同時に、頭皮も日焼けします。頭皮は肌と同じなので、赤く炎症を起こしたり、乾燥したりします。

頭皮が炎症を起こすと、髪の毛を作る毛根がダメージを受け、新しい髪が生えなくなってしまいます。薄毛が気になっている人は、頭皮が紫外線のダメージを受けやすくなっているので、注意が必要です、

また UVA の影響で、真皮のコラーゲンやエラスチンが壊れるため、保湿能力が弱まり、頭皮の弾力がなくなって硬くなります。

頭皮が硬くなるだけで、かゆくなったり皮膚がはがれてフケになったりします。抜け毛も起こりやすくなります。

 

髪を日焼けから守るためのアイテム

帽子をかぶった女性

髪を日焼けから守るために一番効果的なのは、帽子をかぶることです。

長時間外にいる場合は、必ずUVカット効果のある帽子をかぶるようにしましょう。

帽子をかぶることが難しい場合は、髪の日焼け止め用UVスプレーを使います。




スプレーには、髪専用や、ボディ兼用があります。
使い心地はどれも改善されていて、敏感肌用や、ウォータープルーフなども売られています。

また、洗い流さないタイプのトリートメントや乳液タイプもあります。トリートメント効果が持続するので、髪を日焼けから守りながら、ダメージの修復も行ってくれます。

一番効果がありそうなのは、美容室にしか卸されていない製品です。価格は若干お高めですが、髪のスペシャリストがすすめる製品ですから、間違いはなさそうです。

▼カラーリングには気をつけて!

髪の内側にあるメラニンも、紫外線から髪を守る役割をしています。

しかしカラーリングは、そのメラニンを壊して色を付ける仕組みなので、カラーリングした髪はダメージを受けやすくなります。また、ヘアカラー色素の分解も早まるため長持ちせず、色あせも起こります。

夏場にカラーリングする場合は、髪がまだ紫外線のダメージを受ける前に、いつもよりダークな色を選んだ方がいいでしょう。

 

髪が日焼けをした時のアフターケア

ペッドスパ

日焼けした頭皮は敏感になっているため、シャンプーやコンディショナーは敏感肌用のものを使いましょう。

頭皮も髪も、できるだけ刺激や摩擦をさけるために、指で優しく洗いましょう。

頭皮マッサージも、シャンプー用のブラシでは刺激が強いので、指で柔らかく軽めにするようにします。

髪は、ダメージ修復機能が強いトリートメントで、しっかりと栄養補給をします。

洗い終わったら、できれば頭皮は頭皮専用の保湿剤で保湿ケアをします。髪は、さらに洗い流さないタイプのトリートメントでケアしておけば、より安心です。

ダメージが深刻な場合は、美容室に行ってヘッドスパなど特別なケアをしてもらいましょう。

夏に、髪の紫外線対策をサボると、秋以降に大きく影響が出てきます。
夏が過ぎても、髪のツヤが戻ってこない、抜け毛が気になるなど後悔しないように、しっかりと対策とアフターケアをしておきましょうね。

オススメのコスメ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

オススメのコスメ

 

 

PAGETOP
Copyright © 日焼け止めGO!GO!日焼け止め All Rights Reserved.