日焼け止めの選び方やランキングを利用してベストな日焼け止めを使おう!

MENU

顔用の日焼け止めの6タイプと失敗しない選び方

顔に日焼け止めを塗る女性

顔用の日焼け止め選びで迷っていませんか?

ネットでもリアルの店舗でも、本当に様々な日焼け止めがありますので、「どれを選んでいいのか分からない・・・」と思われる方も多いと思います。

その中でも、特に、大切な顔を守るための日焼け止め選びは、大事です。

というか、絶対に失敗したくないですよね。将来のシミ、シワの原因になります。

年齢を重ねるごとに顔に「過去の結果」が出てきて、顔を見るのも嫌になります。

特に敏感肌の方は、失敗すると大惨事になりかねません。

そんな間違いたくない方のために、顔用の日焼け止めの6タイプと選び方をご案内します。

顔用の日焼け止めの「6タイプ」とは?

顔に日焼け止めを塗る女性

まず、顔用の日焼け止めのタイプですが、現在は、いろいろなテクスチャータイプのものが売られています。

自分の肌質(ノーマル、敏感肌など)、使うシーン、目的、+αの効果などで選ぶのがポイントですが、毎日使うなら、使い心地が一番大切です。

顔はお肌が弱く大切な部分なので、できれば店頭のテスターで試したり、パッチテストで確かめてから購入するのがいいでしょう。

ここでは、6つのタイプの顔用の日焼け止めの特徴をお伝えしていきます。

顔用の日焼け止め6つのタイプ その1「クリームタイプ」

一番一般的なのが、クリームタイプの日焼け止めです。

保湿力が高く、伸びがよくて塗りやすいのが特徴です。乾燥する時期には重宝しますが、その分、油分が多かったり、なめらかさが特徴の紫外線吸収剤を使ったタイプが多いです。

敏感肌の方やアレルギーを起こしやすい人は、使われている成分をよく確認してから選びましょう。

詳細はこちら⇒「クリームタイプの日焼け止め」

顔用の日焼け止め6タイプ その2「乳液タイプ

乳液タイプの日焼け止めは、クリームタイプよりもテクスチャーがゆるく、お肌になじみやすいのが特徴です。基礎化粧品の乳液を兼ねて使えるものもあります。

紫外線吸収剤不使用のものも多くなりましたので、敏感肌の人はこのタイプから選ぶのが良いかもしれません。

詳細はこちら⇒「乳液タイプの日焼け止め」

顔用の日焼け止め6タイプ その3「スプレータイプ

スプレータイプを塗る女性

スプレータイプの日焼け止めの最大のメリットは、顔に吹きかけるだけなので、塗り直しが楽なことです。

朝のメイク時には他のタイプでしっかりとケアし、塗り直し用にスプレータイプを持ち歩く、というスタイルがおすすめです。メイクしたまま、顔に吹きかけるだけで簡単に塗り直しができます。髪など兼用で使えるものもあります。

ただし、紫外線吸収剤を使用しているものが多いので、敏感肌の方やアレルギーを起こしやすい人は、使われている成分をよく確認してから選びましょう。

詳細はこちら⇒「スプレータイプの日焼け止めがおすすめの理由」

顔用の日焼け止め6タイプ その4「ウォータープルーフタイプ

耐水性のあるウィータープルーフタイプの日焼け止めは、顔が濡れてしまうことが考えられる、海やプール雨の日スキーやスノーボードで雪のあるところに行く場合に重宝します。

しかし、油分が多く、乳化剤として化学物質が使われているため、敏感肌の人の日常的な使用はおすすめできません。

詳細はこちら⇒「ウォータープルーフタイプの日焼け止め」

顔用の日焼け止め6タイプ その5「パウダータイプ」

日焼け止めパウダーは、「UV機能のあるパウダータイプのファンデーション」とは違います。ペビーパウダー的な感覚で、全身につけることもできます。紫外線吸収剤不使用がほとんどなので、敏感肌の人でも安心です。

日焼け止めを兼ねた化粧下地や、色つきのBBクリーム・CCクリームの上に塗ることで、厚塗り感をさけ、ナチュラルメイクに仕上がります。単体では落ちやすいので、こまめに塗りなおしましょう。

詳細はこちら⇒「日焼け止めパウダー」

顔用の日焼け止め6タイプ その6「BBクリーム・CCクリーム」

BBクリーム・CCクリームは、保湿美容成分・化粧下地・日焼け止め・ファンデーションを兼用するクリームです。忙しい朝メイクの時間短縮にはピッタリです。

BBクリームはコンシーラー効果が強く、厚塗りにみえがちです。CCクリームは顔色をワントーン明るくする効果があります。どちらも色付きなので、自分の肌の色に近いものを選ぶのがコツです。

詳細はこちら⇒「BBクリーム・CCクリームのポイント」

敏感肌の人の顔用の日焼け止めの選び方

どのタイプの日焼け止めでも、敏感肌に配慮した製品がたくさん出ています。

パッケージにノンケミカル(紫外線急剤不使用)・無添加などと書かれたものがいいですが、防腐剤などに化学成分が使われていることも多いので、成分をよくみたり、パッチテストを行ってから使用した方が安心です。

また、オーガニック・自然派は天然の成分を使っていますが、天然の成分でアレルギーを起こす場合もあるので、同じく成分をよくみて、パッチテストを行ってから使用しましょう。

詳細はこちら⇒「ノンケミカルの日焼け止め」 「オーガニック・自然派の日焼け止め」

こちらで、オススメの日焼け止め人気5アイテムをご案内しています。ノンケミカルのものもありますので、参考になさってみてください。
「顔用の日焼け止め」おすすめ5アイテム

オススメのコスメ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

オススメのコスメ

PAGETOP
Copyright © 日焼け止め All Rights Reserved.
error: Content is protected !!