日焼け止めの選び方やランキングを利用してベストな日焼け止めを使おう!

MENU

実は紫外線量が多い曇りや雨の日。だから油断は禁物!日焼け止めは忘れずに。

曇りや雨の日でも、日焼け止めは必要?紫外線量は問題ない??

曇り空

答えはずばり、曇りや雨の日でも日焼け止めは必要です。

曇りや雨の日でも、紫外線は降り注いでいます。

晴天時よりは減りますが、曇りの日で晴天時の60%~80%、大雨の日でも晴天時の30%の紫外線量になります。

太陽が隠れていると、肌がヒリヒリするUVBが当たらないので忘れがちですが、UVAは雲も透過します。サンバーンを起こすような日焼けはしなくても、じわじわと細胞を老化させるUVAが、変わらず降り注いでいるのです。

UVAの怖いところは、急激な日焼けを起こさない代わりに、じわじわと肌にダメージを与えていくことです。

真皮でお肌の潤いやハリを保っているコラーゲンやエラスチンなどを壊し、シワやたるみの原因となっていきます。またメラニンの生成を促すので、じわじわと肌を黒くしていきます。

急減な変化が起きないから、気がついたときには手遅れになりやすいのです。

また、曇りや雨の日でも、天気予報は100%じゃありません。雨が弱くなり、暑い雲が薄くなるだけで紫外線量は増えますし、晴れ間が覗けば、紫外線量は晴天時と同じです。

陽が差してから慌てないよう、日焼け止めはきちんと塗っておきましょう。

曇りや雨の日におすすめの日焼け止め

雨傘をさす女性

もし晴れ間が覗くことが予想できるのであれば、日焼け止めは、晴天時を想定したいつもの日焼け止めを、普段どおりに塗っておきましょう。

雨が降っている、あるいは雨が降る可能性がある日は湿気も高くなります。

普段、しっとりタイプのものを使用している人も、紫外線散乱剤を使用した日焼け止めを選ぶと湿気を吸収してくれるので、ベタつきがあまり気にならず快適に過ごせるかもしれません。

急な雨で濡れてしまう可能性がある場合は、ウォータープルーフの日焼け止めを使うのもいいでしょう。

いずれにしても、普段同様、こまめな塗りなおしは忘れないようにしてくださいね。

まだ、雨の日は雨傘を使いますが、雨傘にも紫外線カット効果があります。雨傘に使用されている撥水剤のおかげですが、晴れ間が出た時のことも考えて、UVカット加工された日・雨兼用の傘を利用することをおすすめします。

これで、どんな天気にも対応できますよ。

オススメのコスメ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

オススメのコスメ

PAGETOP
Copyright © 日焼け止め All Rights Reserved.
error: Content is protected !!