日焼け止めの選び方やランキングを利用してベストな日焼け止めを使おう!

MENU

顔のパーツ別の「日焼け止めの塗り方」

日焼けしやすい場所に日焼け止めを塗る時

手に出した日焼け止め

適量を日焼けしやすい部分と言われている、両頬や額、そして鼻やあごにつけます。

クリームタイプの場合でしたら目安は、パール1個分です。

エマルジョンタイプの場合には、1円硬貨大の量にしましょう。

指の腹を使って、丁寧になじませてから、もう一度同じ量で、重ね塗りをします。まぶたや小鼻についても、指先を使って丁寧に塗ることが必要です。日焼けをしやすい部分については、丁寧な重ね塗りが必要ですので、習慣づけるようにしたいですね。

 

各パーツごとにムラの無いように

ムラがあることにより、部分によっては日焼けをしてしまうことになります。ファンデーションを塗る時のように、ムラの無い塗り方をすることが必要なのです。そのためには日焼けをしやすい両頬や額、そして鼻やあごについては、少し時間をかけて日焼け止めを塗るようにした方が良いですね。

あまり時間をかけたくないという思いがあっても、自分自身の肌を守るためなので、必要なことです。

 

外出先にも日焼け止めを持参

外出中の女性

汗や海水により日焼け止めが流れてしまうことが予想される場合には、日焼け止めを持参して、重ね塗りを途中でした方が良いことが多いです。

特に日焼けをしやすい場所については、重ね塗りをすることにより、肌が守られます。




オススメのコスメ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

オススメのコスメ

PAGETOP
Copyright © 日焼け止め All Rights Reserved.
error: Content is protected !!