日焼け止めの選び方やランキングを利用してベストな日焼け止めを使おう

MENU

季節別の紫外線対策

紫外線は真夏に一番多い?

日差し季節別

真夏が一番紫外線の量が多いと思っている人はとても多いです。確かに日光の量は多いように見えるかもしれません。

でも一番紫外線が多いのは、真夏である8月ではなくて6月~7月にピークを迎えることになるのです。

と言うことはそれまでの3月や4月から段々と紫外線が強くなっていくことになります。

紫外線は4月~9月の半年の間に、年間の紫外線の総量の8割近くが降り注ぐことになります。
例えば12月や1月でしたら、6月に比べて約6分の1の紫外線の量になるのです。

 

冬でも紫外線対策は必要

例えば冬だから大丈夫というように思っていたとしても、長時間外出をすることになれば、夏と同じ量の紫外線を浴びる場合もあるのです。スキーやスノボーをして日焼けをする人がいますが、長い時間滑っていることにより、かなり黒くなったり肌荒れがしてくることもありますよね。

これは紫外線が理由の場合が多いのです。そのため、冬でも紫外線に対する対策はしっかり行っておくことが必要不可欠になります。

 

紫外線の量が多い時期には

紫外線が多い時期ということが理解出来れば、その時期には今まで以上に紫外線に対する対策が出来ることになります。この季節に日焼けをしていたのは、そのせいだったのか…と思う人も多いのではないでしょうか。

出来るだけ自分なりに把握をして、紫外線対策をすることにより、これからでも肌を守ることが出来るのです。

オススメのコスメ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

オススメのコスメ

 

 

PAGETOP
Copyright © 日焼け止めGO!GO!日焼け止め All Rights Reserved.