日焼け止めの選び方やランキングを利用してベストな日焼け止めを使おう

MENU

時間帯ごとの日焼け止めの塗り方

紫外線が一番多い時間帯について

日差し時間帯別

一日のうちで一番紫外線の量が多いのは、正午を挟んで朝の10時から昼の2時までと言われています。

この時間帯が紫外線の総量が一番多いのです。

この4時間については、1日の紫外線の量の半分が降り注ぐことになりますので、相当量が多いことが想定出来ると思います。

 

短時間の外出について

短時間の外出だから…という理由で日焼け止めを塗らずに外出をする人もいますが、短時間であっても、朝の10時から昼の2時までの間であれば、かなりの紫外線を浴びることになります。

例えば食材の買い物などについては、出来ればこの時間帯を外して買い物に行くことがベストでしょう。夕方でも構わないということであれば、夕方に買い物に行くように習慣づけることにより、紫外線を浴びる量はかなり少なくなります。

 

長時間の外出の場合

レジャーや旅行ということになると長時間の外出をすることになります。こういう時には、特に紫外線対策をしっかりと行うことが必要になるのです。

かといって、SPF50やPA+++などの日焼け止めを選ぶことにより、乾燥や肌荒れなどが心配です。その辺りは行く場所によっても変える必要があります。

長時間の外出でしたら、SPF30のPA++程度の日焼け止めを塗るようにして、後は日傘や帽子などで紫外線対策をしてみましょう。

オススメのコスメ

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

オススメのコスメ

 

 

PAGETOP
Copyright © 日焼け止めGO!GO!日焼け止め All Rights Reserved.