日焼け止めの選び方やランキングを利用してベストな日焼け止めを使おう

MENU

スキー・スノーボードの時の日焼け止め

あなどってはいけない!雪上の紫外線の強さ

スキー場リフトに乗る2人

初雪のニュースが流れ出すと、待ち遠しいのはスキー場のオープン日。スキーやスノーボードをやる人にとっては、はやる気持ちが抑えられません。

でも、スキー場は、雪の反射で紫外線量が倍増する危険な場所でもあります。日焼け対策は必須です。

ここでは紫外線に負けずに、スキーやスノーボードを楽しむ場合の「日焼け止め」方法や、注意点についてご紹介していきます。


まず知っておきたいのは、雪の紫外線反射率の高さです。

空から降り注ぐ紫外線が地表に届いたときの反射率は、地表面の状態によって変わります。気象庁のデータでは、街中のアスファルトで10%、夏に行くビーチの砂浜では10~25%ですが、スキーやスノーボードをする雪上では、なんと新雪で80%にもなります。

つまりゲレンデでは、紫外線は約2倍近くのパワーで、あなたを襲うのです。

とはいえ、スキーやスノーボードをする時は、寒さ対策をまず先に考えてウェアや保温アイテムで全身を覆うので、露出する肌はおのずと顔部分だけになります。

顔部分もきっと、降雪時に雪をよけるため、顔下半分を覆うフェイスマスクや、首周りを保温しつついざという時には顔まで覆えるネックウォーマーを準備して行くでしょう。ニット帽ならオデコぎりぎりまで下ろせますし、目も開けていられないからゴーグルもバッチリ・・・これで、肌の露出はほとんど無くなってしまいます。

でも、晴天に恵まれた日は、ガッツリ装備を少しゆるめて、軽やかに滑りたくなりますよね。

どんな条件下でも対応できるように、日焼け対策を万全にしておきたい・・・そのためには、日焼け止めも忘れずに塗っておきましょう。

晴天時でも、止まるときに雪しぶきがかかったり、転倒すると雪で顔が濡れてしまうので、スキーやスノーボードの場合に使う日焼け止めは、ウォータープルーフタイプが最適です。

特に鼻や、頬骨で高くなった部分が焼けやすいので、しっかりと塗っておきましょう。

幸い、スキーやスノーボードの場合、マイペースで休憩が取れるので、塗りなおしもこまめにできます。しかも顔だけなので、時間もかかりません。紫外線量が約2倍でも、肌の日焼けについては、面倒くさがらなければ重症になることはありません。

※ウォータープルーフタイプタイプの日焼け止めでオススメなのは、こちらの澄肌CCクリームです。

スキー場リフトに乗る2人

まず、国内で最高のランクのSPF50+、PA++++で日焼け止め効果がとにかく高いです。

また、このアイテムはCCクリームですので、どんなときでもサッと塗ることができます。スキーやスノボの準備はいろいろあり何かと忙しいと思いますが、手軽さがいいです。

成分としては、ノイバラ果実エキスという美白成分をはじめ、美容成分がしっかりと入っています。使い心地もいいです。

ぜひ、スキー、スノボのときの日焼け止めとしてご検討なさって下さい。
澄肌CCクリームはこちら。

雪上では、特に目の紫外線対策を!

スキーで転倒する女性

スキーやスノーボードをする時に、一番対策が必要なのは、目の日焼け止めです。

そもそもゲレンデでは、目をガードするものがないと、晴天時は痛いくらいに眩しくて目を開けていられないし、曇りの日でも風で涙が出て滑れません。降雪時は雪が目に入って開けていられないので、何も着けない人はいないと思います。

・・・が、もしも今まで特に問題を感じず、何も着けずに滑っていた人は、要注意です。

晴天や曇りの日、紫外線量約2倍が目を襲うと、間違いなく「雪目」(紫外線角膜炎)になります。目の充血、痛み、涙が止まらないなどの症状が出て、早めに切り上げてゲレンデを去らなくてはならなくなります。必ず、目の日焼け止めアイテムを用意してください。

スキーやスノーボードをする時の目の日焼け止めアイテムは、ゴーグルが最適です。

「今日は麓の緩やかなところで、まったり滑るだけだから、サングラスでいいかな。」と思う時があるかもしれませんが、これはあまりおすすめできません。

「麓の緩やかなところ」は、一般的に子供や初心者の方が多く、混雑しています。自分は大丈夫でも、予期せぬ方向から人が突っ込んできたりします。避けるために転んだり、避けきれずに衝突する可能性が高くなるエリアだからです。

サングラスだと、転んだはずみでどこかに飛んで行ってしまい、失くしてしまうこともあります。起き上がってみたら、体の下敷きになって壊れていた、なんてこともあります。衝突した場合は、着けたまま破損して顔を傷つけてしまうことも・・・。

ウィンタースポーツ用の、隙間をなくしたスポーツタイプサングラス、失くさないように頭の後ろで固定できるタイプもありますが、晴天・曇り・降雪・日中・ナイター・風よけ・メガネをかけたままでも着けられる、など、多くのニーズを満たすものは、ゴーグルの方が圧倒的に種類が多いです。

そして、ほとんどの製品がUVカット加工されていて、丈夫な作りになっています。選択肢の多さと天候変化への対応力、安全性を考えると、やはりゴーグルがおすすめなのです。


さて、スキーやスノーボードを楽しむための「日焼け止め」、参考になりましたでしょうか?

ウェアはトレンドがあるので、お金があれば毎年買いかえたくなりますが、マスクなどのアイテム類はさほど大きな変化はないので、一度揃えれば長く使うことができます。

お肌も目も紫外線から守りながら、事故のないよう、ウィンタースポーツを楽しんでくださいね。


※楽天でレビューの最も多いUV対応したスキー・スノボ用のゴーグルはこちらです。
ダブルレンズのスノーゴーグル(3,089件/2015.9.16現在)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

 

 

PAGETOP
Copyright © 日焼け止めGO!GO!日焼け止め All Rights Reserved.