日焼け止めの選び方やランキングを利用してベストな日焼け止めを使おう

MENU

ゴルフをする人のための効果的な日焼け止め対策

ゴルフをする時の、塗る日焼け止めの注意点

セント・アンドリュース18番ホール

ゴルフというスポーツは、一度コースに出ると9ホール終わるまで、ほぼ屋内に入ることができません。

9ホール回るのに約2時間。その間ずっと、休みなく紫外線を浴び続けることになります。

9ホールの真ん中くらいにある茶店でも、後ろの組が詰まっていると、ゆっくり時間を取ることができません。

さらにOUT・IN の間にインターバルがなければ、日焼け止めを丁寧に塗り直すための時間は、ほとんどないことになります。ですから、ゴルフの時の日焼け止めは、顔も手足も ラウンド開始前にしっかりと塗っておく 必要があります。汗や雨にも強い、ウォータープルーフの日焼け止めがいいでしょう。

コース上で手早く塗り直しをするには、スプレータイプの日焼け止め が重宝します。顔はUVカット効果のあるパウダーファンデーションを、パフで押さえるようにしてケアするのもいいです。

それからゴルフ場は自然がいっぱいですから、草木から出る湿気も気になります。

塗った日焼け止めが、落ちるというより浮いた感じになるので、うっかり手が触れないように注意が必要です。手が滑ってグリップが利かず、思わぬ方向にボールが飛んでいくことに・・・・・・気をつけましょう。

 

日焼け止めグッズ、いつ使うの?? 「今でしょ!!」

ゴルフをする女性

日焼けしたくない人は、ゴルフの時こそ日焼け止めグッズをフル活用 しましょう!

夏の街中では浮いてしまいそうな長袖シャツ、キャップ、隙間からの紫外線をカットするデザインのサングラスも、ゴルフ場では堂々と使うことができます。

・ 高機能素材のウェア

UVカット・吸水速乾性・クール感など高機能素材の長袖アンダーシャツは、紫外線対策だけではなく、暑さで体力が奪われるのを防いでくれます。日差しが強い時は半袖でいるよりも涼しく感じるので、ぜひ活用してください。

片手グローブの人は、右手の甲だけ日焼けする危険がありますが、ゴルフ用の高機能素材アンダーシャツには手の甲までカバーするタイプもあります。ハイネックを選べば、首まわりの日焼け止めにもなります。

足を焼きたくなければ長いパンツがいいですが、ちょっとおしゃれをしたい人は、短いスカートに高機能素材のレギンスを合わせるなどして、肌の露出をなくします。

ひざ上丈のパンツやキュロットに、足の疲れを軽減するための着圧ハイソックスを合わせる人もいますが、変な日焼け痕を残したくない人は止めた方がいいでしょう。

・ サンバイザー、キャップ

顔に陰を作ってくれるサンバイザーやキャップは、ゴルフ用を探すと、つばがサイドから付いているものが売られています。首や耳の日焼け止めにも効果がありそうです。

髪の日焼け対策や熱中症予防を兼ねたい人は、高機能素材を使ったキャップを選びましょう。

・ スポーツタイプのサングラス

サングラスは、隙間からの紫外線を防いでくれるスポーツタイプのものを使うと、しっかりUVケアできます。

但しサングラスは、必ずUVカット効果があるものを選んでください。目の日焼けは、目の病気につながる からです。

ボールが見えずらいなどプレーに支障がある場合は、色の薄い、あるいは色なしのサングラスを使用します。芝目を読みたい人には、黄色いサングラスが人気です。

・ ゴルフ用の傘

各ホールのサイドに木が見えても、歩くところに木陰はほとんどないのがゴルフコース。ゴルフ用の傘は日・雨兼用ですが、普通の傘より大きくできているので、大きな陰を作ってくれます。

UVカット効果だけではなく、遮熱効果がある傘もありますので、熱中症予防のためにもぜひ活用したいアイテムです。

 

ゴルファー専用の日焼け止めも登場

最近、ゴルファーのために開発された、ゴルファー専用の日焼け止めが話題になっています。

ゴルフ場を経営する女性がゴルファー目線で開発したもので、ゴルフのシチュエーションにこだわって作られた日焼け止めです。

注目ポイントは、ベタつかない(塗った手でグリップを握っても滑らない)、虫除け効果がある(虫が嫌がるユーカリ葉油を配合)、といったところでしょうか。

これならば、ティーショット待ちの時にささっと塗り直しができますね。

虫除け効果がある日焼け止めというのは斬新です。虫刺されはゴルフをする時の悩みの種の一つですから、一石二鳥です。ゴルフだけではなく、キャンプやBBQなどアウトドアのレジャーでも活躍してくれそうです。

また同じメーカーから、塗るタイプの湿布のような形をした、肌に押し当てて塗るスプレータイプの日焼け止めも出ています。手を汚さずに塗れて、飛び散らないスプレー・・・これもとても斬新です。



このように、プロ競技があるメジャースポーツは、専用の製品がたくさん出ていて進化もしています。
スポーツをしない人も、アウトドアスポーツ用の塗る日焼け止めや日焼け止めグッズをチェックしてみると、意外と良いものに出会えるかもしれませんね。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

 

 

PAGETOP
Copyright © 日焼け止めGO!GO!日焼け止め All Rights Reserved.