日焼け止めの選び方やランキングを利用してベストな日焼け止めを使おう!

MENU

紫外線をブロックする紫外線吸収剤は嫌われてる?

紫外線吸収剤は紫外線からお肌を守ります

紫外線からブロックをしてくれる働きをするのが、日焼け止めに入っている紫外線吸収剤です。紫外線吸収剤というのは、紫外線のエネルギーを取り込んで化学的に処理をします。取り込んだ紫外線のエネルギーを熱や赤外線に変えて、放出するような働きをします。

熱に変えると聞くと、肌が熱くなるのでは?と思う人もいるかもしれませんが、そのように熱く感じるほどの温度になるということではありません。

 

紫外線吸収剤の化学変化

紫外線を浴びている間は、ずっと化学変化を起こし続けてしまうので、時間の経過とともに、壊れてしまうものも出てきます。壊れてしまった分子については、もう紫外線吸収剤として働くことは不可能です。日焼け止めの塗り直しが必要なのは、このためでもあると言われています。

 

紫外線吸収剤のデメリットについて

紫外線吸収剤は、化学物質ですから、人によっては肌に対して刺激を感じることもあるのです。また上記のように、肌の上で化学変化を起こしますから、それが刺激になることもあります。

肌質にもよるのですが、この紫外線吸収剤が入っている日焼け止めが肌に合わなという人もいます。
そのため、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めが望む人が多いのです。

紫外線吸収剤が壊れて別の物質になった時に、どのような状態になるのか、そして環境に対しては問題が無いのかなども危惧される点です。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 日焼け止め All Rights Reserved.
error: Content is protected !!