日焼け止めの選び方やランキングを利用してベストな日焼け止めを使おう

MENU

日焼け止めの効果を表す「SPF」の最適値は?

SPFについて知っておきましょう

光に手をかざす

SPFというのは、Sun Protection Factor(サンプロテクションファクター)を略したものです。

これは紫外線防御指数とも呼ばれています。UVB波の防止効果を表すためのものです。

紫外線を浴びた時に皮膚に出来る赤い斑点が、どのくらいの時間に延ばせば出来ないか、つまりは赤い斑点が出来るまでの時間を何倍に長く出来るかということを、表わした数値になるのです。

例えばSPF30という日焼け止めでしたら、赤い斑点が現れるまでの時間を30倍に延すことが可能という意味になるのです。

 

SPFの上限について

現在の日本においては、SPFの上限は50+です。測定方法について限界もありますので、50以上の数値については信用性が薄いということもあり、上限が設定されることになりました。

でも実際にSPF30以上の製品の効果については、あまり代わりが無いと言われています。そのため、どうしても最上の50+を使用しなければいけないということは無いのです。SPF30である程度肌は守られることになりますので、無理をしてSPF50を購入する必要は無いと言えるでしょう。

高い数値の日焼け止めは効果が期待出来るとはいっても、肌に対しての負担が心配です。その辺りのバランスを考えながら、日焼け止めを選びたいですね。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

 

 

PAGETOP
Copyright © 日焼け止めGO!GO!日焼け止め All Rights Reserved.