日焼け止めの選び方やランキングを利用してベストな日焼け止めを使おう

MENU

日焼け止め用語「PA(Protection Grade of UVA)」を知ろう♪

PAってなんだろう?

疑問に思う女性

PAって、日焼け止めアイテムを見ていると、必ず目にする単語ですよね。PA+とかPA++とか。

あれって、どういった意味なのでしょうか?

 

 

 

 

SPF・PAの前に・・・紫外線は3種類あります。

UV-A(紫外線A波)

UV-Aは、地上に届く紫外線の95%を占めます。照射量が多く、浸透力が高いので肌の奥底の真皮にまで到達します。UV-Aは曇りの日でも窓ガラスを通過してしまいます。
UV-Aは肌の老化現象を引き起こすことが、様々な研究で確認されているようです。肌の老化現象とはシワ、たるみのことです。今はまだあまり影響を受けていないかもしれませんが、シワやタルミが出来てしまうと、復活が難しいです。

あともうひとつ、UV-A「シミ」が目立つ原因をつくります。シミも作りたくないですよね。

UV-B(紫外線B波)

UV-Bは全紫外線の約5%を占めます。肌表面の表皮にとどまるため、肌の奥の真皮まで達することはほとんどありませんが、UV-Aより強いエネルギーを持ちます。そのため表皮に影響を与え、火傷のように赤くなったり、メラニン色素が沈着して褐色になったり、シミやソバカスの原因にもなります。
4月頃から強くなり、とくに5月~9月までの間、肌に日焼け跡を強く残すようになります。

UV-C(紫外線C波)

UV-Cは、UV-Bより有害な紫外線です。ただ、大気中のオゾン層によって防がれています。オゾン層が吸収するようなのですので、今はまだ安心です。今はというのは、将来、このオゾン層が無くなってしまう可能性があるからです。そうするとUV-Cを防ぐための成分がまた生まれるのかもしれませんね。

PAとは

散歩する女性

PAは、プロテクション グレイド オブ UV-A(Protection grade of UV-A)の略語です。プロテクション=守る、グレイド=等級とあるとおり、UV-Aを防ぐ効果の程度を表す指標です。

PAは数値化できないため効果が+で示されています。

2013年1月までの測定方法と表示方法では「PA+」「PA++」「PA+++」の3段階のアイテムしか認められていませんでした。2013年1月以降は測定方法と表示方法が改定されたため、4段階に分けられるようになりました。

+の数が多いほどUV-Aを防ぐ効果が高いです。

UV-Aは雲や窓ガラスを通り抜けてしまう性質を持っているので、曇りの日や家の中でもしっかりUV-Aを防ぐことが必要なのです。

日焼け止めのPAを選ぶ目安

アウトドアレジャー

日焼け止めも強い物はそれだけ肌に負担がかかります。状況に応じたPAの日焼け止めを使用しましょう。
次のようなことが目安です。

・晴れた日のスポーツやレジャー
PA +++ ~++++

・通勤、散歩などで屋外で1~2時間過ごす場合
PA ++~+++

・ちょっとした買い物、洗濯物を干す場合
PA ++

あくまで一般的な目安ですので、お肌の調子を見ながら、自分に合った塗り方を身に付いきましょう。

あと、忘れてはいけないのは、「日焼け止めは塗り直すことが大事」ということです。

++++が肌に合わない、++++を使うのが怖いという場合は、+の少ない、ノンケミカルの日焼け止めを選ぶと良いかもしれません。

まとめ

強い紫外線のイメージ

PAについてご理解いただけましたか?UV-Aを防ぐ効果の程度を表していたんですね!いろいろなアイテムに表示されているだけあって、やっぱり重要ですよね。意味を理解した上で、日焼け止め、頑張ってくださいね!

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

 

 

PAGETOP
Copyright © 日焼け止めGO!GO!日焼け止め All Rights Reserved.