日焼け止めの選び方やランキングを利用してベストな日焼け止めを使おう

MENU

【絶対注意】様々な目の病気の原因にもなる目の日焼け

目の日焼けとは

女性の目

「目の日焼け」と言っても、「目が日焼けして白目が黒くなる!?」ということではありません。

目が、紫外線によってダメージを受けるということです。

目が紫外線によってダメージを受けると、急性・慢性の目の病気になったり、思わぬところが日焼けをしたりします。

ここでは、目が紫外線の影響を受けると、どんなことが起きるのか?と、その対策はどうしたらよいのか?について、ご紹介していきたいと思います。

 

目が紫外線の影響を受けると、肌が日焼けする!?

サングラスをする子供

驚いたことに、目が紫外線の影響を受けるだけで、肌が日焼けをするというのです。

まさに盲点ですね・・・。

目が紫外線を感知すると、ピンチです!という情報が脳に伝わます。

すると、肌を守るために、脳からの指令で肌がメラニン色素を大量生成します。

その結果、日に当たってない肌まで黒くなったり、シミやソバカスができるという仕組みです。

これでは、いくら顔やボディに日焼け止めを塗ってしっかりガードしていても、意味がありません。外にいる時間が長い場合は、必ず一緒に目のUVケアもしましょう。

参考サイト:「快適視生活応援団」「ロート製薬」

 

紫外線の影響で目が病気になる

目薬をさす男性

目が紫外線でダメージを受けると、急性から慢性までさまざまな病気が起こります。

・紫外線角膜炎

目が紫外線を強く浴びることで、角膜に炎症が起こる急性の病気です。夏だけではなく、冬、スキー場などの雪の照り返しが強い場所でも起こります。

症状としては、目の充血、痛み、涙が止まらないなどがあります。

通常は1~2日で自然治癒しますが、炎症を鎮める目薬を使うと早く治ります。

・白内障

紫外線が目の奥の水晶体や網膜まで達すると、透明な水晶体が濁る病気「白内障」が起こります。

症状としては、視力の低下、物がぼやけて見えたり、最悪は失明することもあります。

白内障の完治には外科的処置が必要ですが、視力にさほど影響がない場合は、進行を抑えるための点眼治療が行われます。

・翼状片(よくじょうへん)

紫外線により白目の部分を覆う結膜が炎症を起こすと、その修復のために異常に増殖してしまい、白目部分が黒目に侵入してくる病気です。

症状としては、黒目に白が流れ込んだような見た目、充血や異物感などがあります。さらに進行すると乱視が起こり、視力にも影響が出ます。

充血や異物感が強い場合は目薬で対症療法しますが、手術をしても完治率は低く、再発性が高い病気です。

・加齢黄斑(おうはん)変性症

紫外線、特にUV-A波の影響を長く受け続けると発症するといわれています。目の奥、網膜の中心にある「黄斑」に異常が生じる病気です。

症状としては、物がゆがんだりぼやけて見える、視力低下、中高年期以降の失明原因の一つで、こわい病気です。

この病気を完治させる方法は、今もって確立されていません。日頃からのUVケアや食事療法などで、発症を予防するしかないのが現状です。

 

紫外線から目を守るためには

メガネとコンタクトケース

紫外線を浴びるときは、常日頃から、以下のアイテムで目を保護しましょう。

 ・ UVカットレンズのサングラス
 ・ UVカットレンズのメガネ
 ・ UVカットレンズのコンタクト
 ・ UVダメージケア用の目薬

サングラスやメガメ、コンタクトレンズは、必ずUVカット効果のあるものを使いましょう。

特にサングラスは、色の濃い普通のサングラスだと、視界が暗くなるので瞳孔が開き、紫外線を余計に取り込みやすくなるので、要注意です。

また、サングラスやメガネは、正面から目に入ってくる紫外線には効果があっても、横や上下の隙間から入る紫外線には無防備です。できるだけ隙間をつくらないデザインのものを選びましょう。

コンタクトレンズは、UVカットレンズでも黒目しか保護しないので、これだけでは完璧ではありません。サングラスや帽子など、複数のアイテムを組み合わせるのが効果的です。

UVカット効果のある目薬は、現在のところ発売されていません。

しかし、UVダメージケア用の目薬は、目薬に含まれる抗炎症剤(硫酸亜鉛)が、紫外線のダメージを抑制する働きがあるので、外に出る前に点眼しておくとUVケアになることを、覚えておくといいですよ。


また、加齢性の目の病気の予防のためには、日頃の食生活で紫外線に負けない体質をつくることも大切です。

緑黄色野菜に含まれる「ルテイン」、トマトやスイカに含まれる「リコピン」、鮭などに含まれる「アスタキサンチン」、レモンなどに含まれる「ビタミンC」などは、特に目を紫外線から守る働きがあるといわれています。

日頃から、注目して摂取していきたいですね。

日焼けを予防する食物については、こちらで詳しく紹介していますので、合わせてご覧になってみてください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE

 

 

PAGETOP
Copyright © 日焼け止めGO!GO!日焼け止め All Rights Reserved.