コスメ

塗る日焼け止めとは、いわゆるコスメのことです。クリームタイプであったり、パウダーであったり、スプレー式だったりと、様々な種類があります。

当サイトでは、このコスメについて調べ上げています。基本ですので大事です。

コスメそのものはもちろん、その塗り方についても十分に知識を得ておくことが欠かせません。日焼けは、太陽による紫外線ハラスメントです。十分なケアをしましょう♪

日焼け止めについての情報はこちら

日焼けのメカニズム
/wp/basis/mechanism/

日焼けのメリット・デメリット
/wp/basis/merit/
/wp/basis/demerit/

日焼けの種類
/wp/basis/type/sunb/
/wp/basis/type/san_tanning/

17種類の日焼け止め
/wp/cosmetics/type/

日焼け止めのメカニズム
/wp/basis/mechanism2/

取り入れたい日焼け止めグッズ7選
/wp/goods/

毎日の食べ物で紫外線対策!日焼け止めに効く食べ物15選
/wp/foods/

知っておきたい紫外線の基礎知識

紫外線の基礎

化粧下地にもなる日焼け止めを選ぶ前に、まずは、「紫外線の基礎知識」を知っておきましょう♪

「えっ?そこから?」と思われるかもしれませんが、そこが大事だったりします。既に知っている方は基礎の復習に、初めての方は入念にお読みくださいね。

紫外線A波と紫外線B波

紫外線はその波長の長さによって「A波(UVA)」、「B波(UVB)」、「C波(UVC)」に分けられます。
特に身体に影響を及ぼすのはA波とB波で、C波はオゾン層に阻まれ、地上に届くことはありません。

紫外線A波の特徴

まずは、紫外線A波の特徴を挙げますね。

・肌が黒くなる日焼け(サンタン)を引き起こします。
・人の肌の奥深くまで届きます。奥深くへ届いた紫外線は、後からじわじわと影響が出てきます。
例えばコラーゲンを変性させてしまうことがありますが、これはしわの原因の1つです。

・オゾン層を通り抜けやすく、雲や窓ガラスを通り抜けますので、晴れの日だけではなく、曇りの日でも対策が必要です。
・春から夏が最も強いだけでなく、秋から冬にかけても、量が減りません。
・紫外線B波(UVB)に比べると20倍以上の”量”があります。

う~ん、これだけ見ても、「紫外線A波は要注意だ!」ということがご理解いただけると思います。

紫外線A波を防ぐためには、日焼け止めの「PA」をチェックします。「PA」とは、プロテクション グレイド オブ UVA(Protection Grade of UVA)の略で、A波のプロテクション効果数値です。「PA」の後ろにつく「+」の数が多いほど効果が高いです。

紫外線B波の特徴

次に、紫外線B波(UVB)の特徴を挙げますね。

・肌が赤くなる日焼け(サンバーン)の原因です。
・紫外線B波はエネルギーが強く、肌の炎症を起こしたり、肌の細胞を傷つけたりします。皮膚ガンやシミの原因の1つです。
・春から強くなり始め、夏にもっとも高くなります。
・オゾン層や上空の雲を通り抜けにくいため、地上に到達する量は全紫外線量の約10%と少量です。
・晴れた日は注意ですが、曇りの日や屋内いるときは影響が少ないです。

こうして紫外線A波(UVA)と比べてみると、やや危険度が低いように見受けられます。

紫外線B波を防ぐためには、日焼け止めの「SPF」をチェックします。「SPF」とは、Sun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)の略です。「SPF」は10~50のものがあります。「SPF」の数値が高いものほど、効果時間が長くなります。

A波とB波で違う対策をするわけではありませんが、このように知っておくだけでも紫外線対策をする大切さがご理解いただけるのではないかと思います。

「日焼け対策グッズ」も大事♪

グッズ

最初に、腕に日焼け止めのアームカバーをしている人を見かけたのはいつでしょうか?初めて見た時は、「ここまでしなくてもいいのでは・・・?」と思いませんでしたか?

実は彼女たちの考え方は正しく、この業界における大先輩だったのです。紫外線はガラスを通り抜けますし、衣服も通り抜けます。

日焼けは軽いヤケドですので、紫外線の肌への影響はとても大きいことが分かります。日焼けについていろいろと知れば知るほど、あれぐらいの対策をする必要があるということが分かります。

ただ、アームカバーの登場から幾年か経った今、求められているのは紫外線を防ぐ効果の高さとともに、ファッショナブルであることです。

オススメのグッズはとてもたくさんあります。ぜひそれらについての情報を得て、必要な武装をしていきましょう♪

グッズについての情報はこちら

コスメ以上の効果もある?「食べ物」

食べ物

食べ物にも、実は日焼け止めの効果があることをご存知でしょうか?

「夏のトマトは、伊達に赤いわけではない。」という言葉があります。

最近の研究では、食べ物の中には、コスメ以上に、効果があると言われるものもあるのです。

当サイトでは、ただ単純に、食材の情報をお伝えするだけではありません。例えば「トマトが日焼け止めに良い」と言っても、毎日同じ食べ方では飽きてしまいますよね。ですから、そのオススメの食べ方についてもご提案いたします。

ぜひ、お役立ていただければと思います♪

食べ物についての情報はこちら

納得のノンケミカルの日焼け止め

ノンケミカルの日焼け止め

当サイト公認!納得無添加でおなじみの「無添加工房OKADA」の日焼け止めです。紫外線吸収剤不使用の先駆者です。敏感肌の方もOKです。